長与の結婚・子育て応援サイト
大きくな〜れ!

最新情報
シーボルト食堂が開催されます! (2018年11月9日)
メニュー
緊急連絡
小児科救急電話相談
#8000 ダイヤル回線:095-822-3308
受付時間:午後7時〜午前8時
小児科医師・看護師による、子どもの症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院のアドバイス 電話する
長崎市夜間急患センター
095-820-8699
診療日 診療科目 受付時間
月曜日 〜 金曜日 内科・耳鼻咽喉科 20:00 〜 23:30
小児科 20:00 〜 翌朝6:00
土曜・日曜・祝日 内科・小児科 20:00 〜 翌朝6:00
12月31日 〜 1月3日 内科・小児科 10:00 〜 17:00
20:00 〜 翌朝6:00
電話する
その他相談窓口一覧

保育料の「寡婦(夫)控除のみなし適用」について

平成30年9月から、未婚のひとり親家庭を対象に、保育料(利用者負担額)の算定において税法上の寡婦(夫)控除が適用されるものとして計算する、寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します。

 

対象となる方

保育料等の基準となる所得を計算する年の12月31日時点および申請時点において、次の1から3のすべてに該当する方

1 婚姻によらず母または父となり、その後、婚姻(事実婚を含む)していない。
2 生計を一にする20歳未満の子(合計所得金額が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない場合に限る)がいる。
3 父の場合、合計所得金額が500万円以下である。※ 母の場合、所得制限なし

 

控除額

みなし適用の額は、税法上の控除額に準じます。なお、合計所得金額が125万円以下の場合は非課税扱いとなります。

合計所得金額が500万円以下の寡婦:30万円
合計所得金額が500万円超の寡婦:26万円
合計所得金額が500万円以下の寡夫:26万円

※ みなし適用を受けても、保育料等が減額にならない場合があります。
※ 保育料等についての適用であり、税法上の控除を受けることはできません。

 

申請方法

こども政策課へ次の必要書類を添えて申請してください。

 

必要書類

・保育料にかかる寡婦(夫)控除のみなし適用申請書
・発行から3か月以内の戸籍謄本または児童扶養手当

※ 申請のあった翌月から適用となります。
※ 婚姻による世帯状況等の変更や要件を満たさなくなった場合は、遅滞なく支給認定内容変更届を提出してください。

 

問い合わせ先 こども政策課 子育て支援係 TEL095-801-5886