長与の結婚・子育て応援サイト
大きくな〜れ!

最新情報
令和2年度保育所等の利用申込み受付のお知らせ(申込書類配布11/18(月)~)(受付12/2(月)~) (2019年11月11日)
メニュー
緊急連絡
小児科救急電話相談
#8000 ダイヤル回線:095-822-3308
受付時間:午後7時〜午前8時
小児科医師・看護師による、子どもの症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院のアドバイス 電話する
長崎市夜間急患センター
095-820-8699
診療日 診療科目 受付時間
月曜日 〜 金曜日 内科・耳鼻咽喉科 20:00 〜 23:30
小児科 20:00 〜 翌朝6:00
土曜・日曜・祝日 内科・小児科 20:00 〜 翌朝6:00
12月31日 〜 1月3日 内科・小児科 10:00 〜 17:00
20:00 〜 翌朝6:00
電話する
その他相談窓口一覧

0~1歳児のお子さんをお持ちのお父さん、お母さん、乳幼児突然死症候群(SIDS)にご注意ください!

0~1歳児のお子さんをお持ちのお父さん、お母さん、乳幼児突然死症候群(SIDS)にご注意ください!
【11月は、令和元年度乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化月間です!】
乳幼児突然死症候群(SIDS)について、以下の3つのポイントを守ることにより、発症率が低くなるというデータがあります。

1歳になるまでは、寝かせる時は、あおむけに寝かせましょう
うつぶせ寝させるとよく寝るから・・と、お子さんをうつぶせ寝させることはありませんか?
うつぶせに寝かせると、乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率が高くなります。
睡眠中の寝返りは、あおむけ寝からうつぶせ寝にの姿勢になっても、元に戻す必要はないとされています。
眠り始めのときに、あおむけ寝の姿勢にしてあげること、赤ちゃんの周囲に柔らかな寝具を置かないようにすることを心がけましょう。

できるだけ母乳で育てましょう
母乳で育てられている赤ちゃんのほうが、乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率が低くなります。
できるだけ、母乳育児にトライしましょう!

◆たばこをやめましょう
乳幼児突然死症候群(SIDS)の大きな危険因子です!お父さん、お母さんが心がけることはもちろんのこと、身近な喫煙者に協力をお願いしましょう!

 

★★あおむけに寝かせること、たばこをやめることは、お父さん、お母さんの心がけで、実行することができます。
少しでも、乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率を低くすることが、大切なお子さんの命を守ることにつながります。
お父さん、お母さん、出来ることから始めましょう!

詳しくはこちら
乳幼児突然死症候群(SIDS)リーフレット(厚生労働省)
SIDSリーフレット
乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化月間について(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000181942_00003.html